市が緊急財政対策本部を設置

逗子市の財政は、歳出に対する歳入の不足を繰越金及び財政調整基金繰入金をもって補い、収支の均衡を図っている状況が続いています。平成28年度の一般会計余剰金が平成29年度の当初予算で見込んでいた繰越金予算額を約9千万円下回る見込みとなりました。また、財政調整基金の残高も今定例会の補正予算後で約1億円と見込まれ、緊急的な財政対策を講じる必要が生じています。このため、市長を本部長とする逗子市緊急財政対策本部を設置し、平成29年度及び平成30年度以降の財政対策に抜本的に取り組んでいくことになりました。今後、事務事業の見直し等、引き続き、行財政改革を徹底して推進し、一層の効率化を図ることが重要だと考えます。

最終更新日:2017年07月31日

さぎさか ゆうじ(匂坂祐二)

プロフィール
1970年2月14日生まれ A型
妻と長女(大学1年) 次女(中学1年) 長男(小学5年)
学歴・職歴
沼間小学校卒業
逗子中学校卒業
私立横浜商工高等学校卒業
有限会社匂坂畳店入社
所属団体・PTA等
(2007年)逗子市商工会青年部部長
(2008年)逗子市PTA連絡協議会会長
(2008年)神奈川県PTA協議会常任理事
(2008,2009年)沼間小PTA会長
(2010年)(社)逗子葉山青年会議所理事長
議会経歴
2010年3月初当選(現在2期目)
議会報編集委員長
基地対策特別委員長
総務常任委員長
予算特別委員長
決算特別委員長
議会運営委員長
議会活性化推進協議会長
所属会派 市政クラブ

連絡先